多重債務者にならないための注意点

多重債務者というのは、複数の借り入れ先からお金を借入れて生活が困窮している人のことを言います。この多重債務者が増加し、社会問題となったため平成22年6月に総量規制というルールが完全施行されるようになり、多重債務者の数は以前に比べると減りました。総量規制というのは、貸金業者は借り入れ申し込み者の年収の3分の1までの金額しか貸してはいけないという規則で、このため以前は借り入れができていたのに、突然貸金業者からの借り入れができなくなったという人たちも続出しました。どこからも借入ができなくなった人たちがヤミ金に手を出すという新たな問題も増えています。

 

誰でも好んで多重債務者になりたいとは思いませんが、そもそも多重債務者になってしまう原因は何でしょうか?主な理由は、借り入れをする時に計画性がなく安易に借入してしまうということでしょう。

 

カードローンでの借り入れは他のローンと比べると比較的審査が簡単です。借入申し込みの際、使途を証明する書類の提出も必要なく、限度額が高くなければ、本人確認書類だけで契約して借入ができます。

 

契約後は、24時間いつでもコンビニのATMや振込みキャッシングでお金を借り入れることができるので、ATMからお金を引き出して、ほしいと思ったものをすぐに買うことができます。それで、お金を借入れているのではなく、自分の預金を下ろして使っているような感覚になる人もいるようです。

 

そのように考えなくお金を借入れて使っているうちに返済額が、徐々に増えて最終的には返済できなくなり、返済するために新たに他の金融機関からお金を借入れるという悪循環が始まります。こうして多重債務・生活苦という状況に陥ります。

 

多重債務者は闇金のターゲットになります。闇金はどこからも借り入れができなくなっている多重債務者のリストを不正に入手して、ダイレクトメールを送ってきます。内容は、「おめでとうございます!審査に通りました。○○万円まで借入が可能です。」など、多重債務者がすぐに飛びつきそうなことを書いています。多重債務者はわらをもつかむ思いで連絡を取り、闇金から借り入れて、その経済状態は以前よりも悪化し大変なことになります。

 

ですから、多重債務者にならないために、基本的には借入をしない、どうしても借り入れが必要な場合は返済能力の範囲内で必要最低限だけ借りるということを守りましょう。日ごろから節約したり、他の人と比べず自分の経済力に見合ったライフスタイルに満足する必要もありますね。